京都・大阪・滋賀で、解雇・労基署問題・就業規則作成等、労務問題の相談なら、F&Partners社会保険労務士事務所

就業規則

就業規則の基礎知識

就業規則の基礎知識です。

就業規則

就業規則とは、労働時間や休日、賃金などの労働条件やその会社の従業員として守るべきことを文書化し、定めたルールです。

常時10人以上の従業員を使用する事業場では、就業規則を作成し、労働基準監督署に届出が必要です。( 常時10名以上とは、正社員、パート社員、アルバイト社員等を含めた数字です。)繰り返しますが、会社単位でなく、あくまで事業場単位での作成が必要です。

なお、従業員10名未満の事業場には、就業規則の作成は義務付けられていませんが、小規模の事業場でも、当然に職場のルールは存在するのですから、その職場の実態に合致した就業規則を作成し、労使双方がその内容を正しく理解することが、無用な職場のトラブルを防止することにつながります。

また、就業規則は、事業場で働く全ての労働者について定める必要があります。

例えば事業場に正社員とパート社員がいる場合で、パート社員について正社員とは別定めをする必要がある場合には、パート労働者のみに適用される就業規則を作成する等して、その区分を明確にしておくことが大切です。

繰り返しますが、会社単位でなく、あくまで事業場単位での作成が必要です。



   
   


当事務所をもっと知って頂くために、下記のコンテンツを用意しました!
▲料金表 ▲事務所紹介 ▲スタッフ紹介 ▲解決までの流れ ▲地 図

労働問題、解雇問題、社会保険手続、助成金
無料相談はこちら!