京都・大阪・滋賀で、解雇・労基署問題・就業規則作成等、労務問題の相談なら、F&Partners社会保険労務士事務所

是正広告

是正勧告への対応策

是正勧告への対応策を講じます。
臨検対応規定・規則整備是正措置対応是正報告書などが
あります。

是正勧告への対応策

臨検対応や、規定・規則整備是正措置対応是正報告書などの対応が必要になってきます。


臨検(調査)通知対応

  是正勧告を受ける前には調査目的や調査する帳票などが記載されているハガキで調査があり、調査の前には調査する旨の連絡があります。まれに抜き打ち調査に来ることもありますが、その日に対応できなければ別日程に変更してもらうことも可能です。 
  そして36協定を締結していない場合には調査前に締結届出をし、就業規則が不備であれば見直すことです。また残業代の不払いの可能性があるときには従業員の同意を得たうえで賃金制度の変更するなどの対策をしておきます。 

規則整備対応

そして36協定を締結していない場合には調査前に締結届出をし、就業規則が不備であれば見直すことです。
また残業代の不払いの可能性があるときには従業員の同意を得たうえで賃金制度を急遽変更するなどの対策をしておきます。

是正措置対応

  是正指導の通りにするためには多額の費用が掛かる場合もあります。
明らかに法律違反があると指摘された部分はいくら費用が掛かっても改善しなければなりませんが、指導事項の場合は直ちに法律違反とはなりませんので、よく検討してからにすべきです。 

是正報告書対応

是正勧告に対しては是正した旨を報告書にして提出しなければなりませんが、報告期限も勧告書に書いてありますが2週間程度と短いのが通常です。
ですが、この報告期限も場合によっては延長してもらうことも可能できます。



   
   


当事務所をもっと知って頂くために、下記のコンテンツを用意しました!
▲料金表 ▲事務所紹介 ▲スタッフ紹介 ▲解決までの流れ ▲地 図

労働問題、解雇問題、社会保険手続、助成金
無料相談はこちら!